トップページ ≫ 肥満になっていると生理不順になりやすい?

肥満になっていると生理不順になりやすい?

以前は、ちゃんと生理周期どおりに生理になっていたのに、あるとき突然生理不順になってしまうという人もいます。このような場合、以前肥満になってしまっていた経験があるという人が多いです。

 

肥満になってしまっていたことが原因で、生理不順を引き起こしてしまうこともあるのです。現在進行形で太っているだけではなく、子供の頃に太っていて、初潮がきてから生理不順がそのまま続いてしまうということもあります。どうして肥満体型になってしまっていると生理不順になりやすくなるのでしょうか?

 

肥満と生理不順というのは、いくつかの関連性があります。まず、生理と密接な関係がある女性ホルモンというのは、皮下脂肪によって吸収されやすいという特性を持っています。ですから、女性ホルモンが分泌されていても、皮下脂肪の性で不足してしまいやすくなり、生理不順になりやすくなってしまうのです。

 

現在、肥満体型になっているのであれば、現在の体重を3kg減量するだけでも、生理不順を解消させることができる場合もあります。ただ、一時的に体重を減らすことが出来たとしても、リバウンドによって体重がまた増えてしまったら、再び生理不順になってしまいます。

 

体重が多い人の場合、痩せている人よりも必要なホルモンの量が多くなってしまうといわれています。ですから、現在太ってしまっているのであれば、ダイエットをして、女性ホルモンが吸収されないようすることが大切です。

Copyright (C) 2017 肥満に効く漢方薬のおすすめ特集@防風通聖散の効果に期待! All Rights Reserved.